関節痛の原因と改善について

関節の痛みに関して悩んでいる人は多いと思います。関節は体の至る所に存在し、体を動かす上で重要な役割を担っています。

 

痛みがひどくなると日々の生活に支障が出るだけでなく、回復がどんどん困難になっていきます。少しでも痛みの緩和、改善が重要なのです。そこで、関節痛の原因と改善策についてご紹介します。

【関節痛の原因とは】

関節痛と聞いて軟骨成分の減少というキーワードが浮かび上がります。骨と骨が接触しないように努める軟骨が運動や加齢、筋肉の弱体化によってすり減り、骨と骨がぶつかることで生じる痛みです。

 

炎症を引き起こしたり、水がたまったりするなどの症状もあります。これにより発症するのが変形性関節症となります。

他にも関節の炎症が悪化して腫れ、痛みを伴う場合があります。関節リウマチがこのような症状になります。

 

炎症は時間が経つと全身の関節へ広がっていきます。私たちの体を守る免疫が関節に対して過剰に機能することで発症します。

 

自律神経の乱れによっても関節に痛みを伴います。ストレスなどが原因で交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、筋肉や血流に悪影響を及ぼします。

 

体型が原因の場合も考えられます。特に肥満体型の人は膝などに相当な負担がかかりますから注意が必要です。

【具体的な改善策】

現在の体重を落として関節への負担を軽くすることで痛みの緩和を図ることができます。足腰はいつも体を支えているような状態ですから、わずかながらでも日々の生活でしわ寄せがきています。生活習慣に気を配り、健康的な体型維持がオススメです。

 

無理のないスポーツ(適度な運動)をすることによっても効果が期待できます。血行がよくなり関節が温まるので関節痛の改善になります。

 

関節が痛いとどうしても運動は敬遠しがちですが、無理のない程度で体を動かすことで結果として痛みが弱まる可能性があります。

 

その他、関節に良いとされる成分の摂取により改善が可能です。コンドロイチン、グルコサミン、ビタミン類などその他さまざまな成分があげられます。食事でとることが難しい場合はサプリメントなどの健康食品だと効率的です。

 

また、医薬品の服用も試されてみてはいかがでしょうか。医師など詳しい人のアドバイスを受けることでより確実に治していくことが可能です。サプリメントに比べて医薬品の方が信憑性はあります。

【まとめ】

関節は全身に存在するため、発症部位によって対応もさまざまです。患部を冷やさないように温めることが大切です。症状によっては対処法も異なりますから、ひどい場合は医療機関に行かれることもオススメです。

 

▶ 関節痛に効く医薬品とサプリメント

関節痛、神経痛に効く薬、サプリメント|比較ランキング

▶ 参考記事

日本関節コンディショニング協会

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.