関節痛の3つの原因

デスクワークのため長時間同じ姿勢でいる、運動が不足している、など現代人のライフスタイルは関節痛に悩まされる要素が満載です。

 

関節痛が生じる原因はさまざまですが、ここでは関節痛の原因として代表的なものを3つご紹介していきます。

 

予防方法や、症状が出てしまった時の対処法なども合わせて紹介していくので参考にしてみて下さい。

1.変形性関節痛

これは主に関節の老化によるもので、関節痛の原因として最も多いものです。

 

私たちの関節には、関節の両側にある骨同士が直接ぶつかり合うのを防ぐために軟骨が挟まっています。
この軟骨が加齢とともに擦り減っていき、関節同士がぶつかり合うようになってしまうと痛みが生じます。

 

この変形性関節痛は、一度発症してしまうと治療をしない限り症状は悪くなっていく一方です。
また、治療にも限界があるため、「太ることによって関節への負担を増加させてしまうことを防ぐ」「適度な運動によって関節周りの筋肉をつけ、関節への負担を軽減する」などの予防が大事になってきます。

2.スポーツ時の関節障害

最近は中高年や高齢者にもスポーツを楽しむ方が多くなってきました。
適度な運動は関節痛の防止として良い影響を及ぼすはずである一方で、若い頃と同じような感覚で準備運動やストレッチをせずにいきなり激しい運動をすると関節を痛めてしまいます。

 

もしスポーツをするようになってから関節が痛み出した、という場合には痛みが引くまでしっかりと休養をしてください。
また、スポーツをする前にしっかりとストレッチや準備運動を行うようにすることでスポーツ時の関節障害は予防することが可能です。

 

3.関節リウマチなどの病気

関節リウマチは、自己免疫疾患の一つであり、30代から50代の女性に発症しやすい病気です。
関節が炎症を起こした結果、関節が腫れ、軟骨や骨が破壊され関節の機能が損なわれてしまいます。

 

人間の体には、体外から侵入した細菌やウイルスなどを攻撃、破壊して排除する「免疫」と呼ばれる機能が備わっていますが、この免疫に異常が生じると、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまいます。

 
これによって関節の周囲を取り囲む滑膜や軟骨、さらには骨までも破壊してしまうのです。
関節の痛み以外にも、発熱や疲労感、食欲不振などの全身症状も生じるので、関節痛に合わせてこれらの症状が出た場合には、すぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。

 
早期に発見し適切な治療を行えば、症状のコントロール、関節破壊の進行防止をすることができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.